カテゴリ
全体
■藍田 チロ■
■ビタミン■
■奏■
■崎野 りく■
■大葉 李月■
■ジョニリンマン■
■春レンジャー■
■倉木 ねね■
■田中 太郎■
■ソックス■
MEMO
ギャグ?ミステリー?色恋??
ずっこけ物語の急展開に、
ますます謎は深まって…?


RISA YURI YAGI
MARI KOU TAIRA
爆走リレー小説。
以前の記事
2006年 07月
2005年 04月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


高度な電子機器とチョコ

世間話をしている二人の生徒。
下校途中だろうか。
昇降口から校門に向かって歩いている。
そしてもうすぐ校門にさしかかる・・・という瞬間、

ピリリリリリリリリリリリリ・・・

けたたましい電子音が鳴った。
二人の生徒はポケットから何か機械を取り出した。
携帯電話ではないらしい。

「はい、こちら赤レンジャー。
 現在校門付近、桃レンジャーといっしょにいます。
 どうしましたか!?」

二人ともさっきの楽しそうな顔ではなく、真剣な顔つき。

「こちら青レンジャー!!
 校内で不審な動きをしている者発見!!
 ただちに集合場所Xに集合せよ!!」

「「ラジャー!」」

二人とも顔を見合わせてうなずくと
50メートルを5秒台で走れそうな速度で
学校に向かって走って行った。


そのころ食堂では・・・

「やっぱりチョコは最高だね!
 あたしはコレがあれば生きていける!!
 だってね、このカカオがね・・・」

熱弁を振るっているビタミンと
その様子を冷めた目で見ている倉木さん。

そしてビタミンが青のりポテトチップの袋を開けようと
手にした瞬間・・・

ピリリリリリリリリリリリリリリリ・・・

一気に顔をしかめるビタミン。
「あぁ、もう!!」
舌打ちをして電子音を止めた。

「ごめんね、またすぐ来るから!!待ってて!!
 お菓子少しなら食べてていいよ!!」

そう言い残すと全速力でどこかへ走っていった。
[PR]
# by melonpanch | 2005-04-29 19:13 | ■春レンジャー■

スナック。

「あたしがくるの、分かった?」

背後から、急に声をかけられた。
誰もいない食堂でスナック菓子の声がほんのり響く。

「・・・・・・・・・」

私は振り向かないままで深呼吸をする。
そして眼鏡のはじをチョイと持ち上げて、

「・・・どなたですか?」

やはり振り向かないままで、努めて静かで低い声を出す。
背後に立っている女の子は、まいったなあーと声に出しながら近づいてくる。

「ほれ、あたしだよアタシ」

本日二度目の登場。
通称ビタミンの、黄色い女の子。
右手にはお楽しみ会にでも出てきそうなくらいの量のお菓子が、
ローソンのレジ袋にぎゅうぎゅう詰めされている。

思わず、口が開く。

「・・・・・・それ、独りで食べるの?」

視線を上げると、女の子はキョトンとした顔をして、

「こりゃ流石にあたしでも無理でしょ」

そう言ってから心底嬉しそうにニンマリ笑い、

「ね、一緒に食べない?」

私のテーブルの向かいに座った。
[PR]
# by melonpanch | 2005-01-23 21:12 | ■倉木 ねね■

パーティーの後

クリスマスのどんちゃん騒ぎを一通り済ませて、りくは一人校庭を歩いていた。
真っ暗な校庭。
何をしたい訳でもないし、何をしなきゃいけない訳でもない。
ただのんびりと歩いていた。

パーティーをしていた仲間はとっくに帰ったはずなのに、食堂の電気がついている。
「まだ誰かやってんのか?」

ふと誰かに見られているような気がして上に目をやる。
りく達がさっきまでパーティーをしていた屋上に人影があった。
この視線。。。きっとブラックだ。

校庭の真ん中まで来るとそこにも自分と同じように、ただぼーっと立っている人がいた。
「チロ?」
りくが独り言のように呟いた。
影が振り向く。
「りく?どうしてこんな所にいるの?」
「・・・別に。チロは何かあったの?」
チロはこっちに来てというように手招きした。
ちょっと歩いて校庭の端にある鉄棒の所で止まる。
チロはひょいと背中から鉄棒に飛び乗り足をぶらぶらさせた。
りくは鉄棒に寄りかかり、腕を組んで正面にある校舎を見ている。
遠くて見えないだけかもしれないが、屋上の人影はもうないようだ。

「あのね、りく。僕の話聞いてくれる?」

暗くて静かな空の下で、チロの話が始まった。
[PR]
# by melonpanch | 2005-01-14 20:30 | ■崎野 りく■

ぴかっ!!

外は暗い。もう夜中だ。日にちが変わって何時間経っていた。
しかしこの女、相変わらずだ。

(パーティーしようと思ったのに誰もいないのかな?
 学校でパーティーしようと思っている人多いから
  誘わなくてもみんないるよなっとか考えてたあたしが甘かったのか?
  お菓子買い込んできちゃったよ。
 まさかだれもいないとは考えてもいなかった。)
――この女、授業には全然でないのに、こういうときはまじめにくる。

(さびしいなぁ。あたし仕事終了後のチョコレートは欠かしたこと無いんだよね。
 今日も食べないといけないから、もうちょっと粘って誰か探すか…。)
 
しばらく校内を歩いていた。
(おっ、明かり発見。あそこどこだ?…食堂か?行ってみよ。
 あたしおなかすいちゃった。なんかあるかな?)

見たことある背中が見えた。
なにか話しかけづらい。
しかし訊いてみたいことがあった。―――――あの日なぜ泣いていたのか?
訊いていいものなのか。
今日も一瞬迷ったが、チョコレートにはかなわない。
 
「あたしがくるのわかった?」
そう気軽に話しかけてみる。
[PR]
# by melonpanch | 2005-01-13 20:52 | ■ビタミン■

あぁあ。

あぁあ。
結局戻ってきてしまった。
クリスマスはもう終わりかけている。
ここが居場所だ。あいていたものがふさがる感じ。
普段は騒がしいのに今日はここに独りしかいない。
見回りでもするか。学校中を歩いてみることにした。

まずは、屋上から。さすがに誰もいないと思ったが、
(星でも見ようかな。)っと柄にも無いことを考えた。
屋上は、冷たくて気持ちよかったが、
地面にはいろいろなものが落ちていて歩きにくい。
誰かがパーティーでもしたのだろう。
(学校でパーティーとは何事だぁ!!
 今度最初に会ったやつに片付けさせよう。)……いい迷惑だ。

ブラックはまた校内を一通り回り、職員室に戻ってきた。
すわって、問題児対策を考えていると、一人の男が入っきた。
ブラックを見たとたんに、持っていたものをとっさに隠した。

「あっ…あれっ?大葉先生。家庭訪問終わったんですか? 
  こんな時間までご苦労様です。」
「えぇまぁ。(本当は家庭訪問なんかしてないんだけどっ。)
 先生こそどうしてこんな時間まで?」
「どうしたら生徒の力になれるか考えていたら
           いつの間にかこんな時間に…。」
「ご苦労様です。(こんな時間にって、今何時か本当にわかっているのだろうか?熱心というかただのお人よしって感じ。よくやるよ。)」
「あのっ…、それでっ……でっ、でっせっせっ、かくですから…。」
この教師のことをブラックは嫌いではないんだか、
たまに何が言いたいんだかわからなくていらいらする。
(何が言いたいんだ?)
「せっかくですので、でっ…、一杯どうですか?」
男は持っていた物をブラックに見せた。

「えっ?!ワイン?(あれだけ、どもっといて言いたかったことはこれか?)」
「えっあのっ、いいワインを入手できたので、
 独りで飲むのもさびしいのし、一緒にどうかと…。」
不意をつかれて気が抜けたので、断ろうと思ったが、
男が持っていたワインを飲んで見たかった。
「いいですね。」

男の顔が一気にふやけた。
[PR]
# by melonpanch | 2005-01-10 17:39 | ■大葉 李月■

なにか。

(...また、機械みたいな動作、繰り返してる。)
フォークを持っては冷えたスパゲティに突き刺し、くるくる巻き取って
乾いた唇へ運ぶ。
私にとっては、食べ物なんて、ただの胃を満たすだけのモノに過ぎない。

今から少し前のこと・・・――。
背の高い黄色い肌をした女の子が、じっと私を見ていた。
彼女の瞳の奥で何かがちらりと動くのが見えた。
その瞬間、なにかが私の中で疼いて、怯えさせた。
言葉にならない声を洩らし、全身を硬直させる。
ふとしたキッカケで思い出せそうで、けれど思い出したくもない...「なにか」。
自分自身で封印した、「なにか」が。

急いで視線を落とし顔を伏せると、私は走ってその場を去った。

とても息苦しくて、照れくさくて、呼吸がうまくできていない。
肺はつぶれそうだし、気管支はひゅうひゅうと風きり音をたてていて、
おまけに心臓まで吐きそうになる。
それでも、私は走った。

―― 行く宛てなど、どこにもないのに。

昇降口までひとっ走りすると、そこにも女の子がいた。
脳がゆさゆさ揺れて、うまく焦点が合わせられない。
彼女が口を開こうとした瞬間、また稲妻が全身に走ったように鳥肌が立つ。
悟られないように、慌てて外へ出る。

それから中庭を抜けてすこし経つと、食堂が見えてくる。
薄暗い部屋を窓から覗いてみるけれど、食券販売機の光しかみえない。
入口のドアノブを押すと、錆付いた音を立てて開いた。

中には、誰もいない。
[PR]
# by melonpanch | 2004-12-27 14:43 | ■倉木 ねね■

クリスマスって何?

僕はこの町に住んでる猫。
体が真っ黒なのに、前と後ろの足先だけ白いもんだから、近所では僕の事「ソックス」って呼ぶ人が増えている。
どういう意味だか分かんないけど。

それにしても人間ってのは「イベント」とかいうのに敏感だよね。
何かあるとすぐにバカ騒ぎする。
今日だって商店街に行ったら、赤と緑の飾りがいっぱいだった。
あんまりに人が多いいからいつもの魚屋さんに行く事もできない。
今日はご飯なしかぁ。

言い忘れてたけど、僕は妄想学園の生徒。
ん・・・生徒って言ってもいいのかな?
でも国語の授業には毎回顔を出しているし、寝るのはいつもこの学園。
鬼教師のブラックだって、僕を見ても何にも言わない。
それどこか今日は珍しく、ミルクを分けてくれた。
何かいい事あったのかな?
あーあ。僕、人間だったらよかったのになぁ。
[PR]
# by melonpanch | 2004-12-25 21:19 | ■ソックス■

クリスマスの過ごし方。

本当は何も無かった。予定なんて…。
藍田チロの家に行ったってだれもいないだろう。きっとチロは家にいない。
ビタミンだっていない。きっと仕事に行っている。
崎野りくもいない。友達とパーティーでもしてるのではないか?
奏は?…こっちは家族でパーティーか?行ったところでどうしようもないだろう。
ブラックは独り家でさびしく飲んでいた。

ここまで突っ走ってきた。ため息つく暇も無かった。
自分ではそう思う。
休もうと思えば休めたのかもしれない。
しかし、仕事に熱中することでしか味わえない充実感。
これに取り付かれてしまった気がする。
仕事以外には何も無い。
自分の人生は無に等しい。
クリスマスはこれを思い知らされる。

なぜ李月は田中の誘いを断ったのか?
自信が無い。
仕事以外の自分は。
自信が無いと思うことが許せない。
だから避けているのだ、普段の自分を。

はぁ~。またため息をつく。
たとえ誰もいなかったとしても家庭訪問、行くべきだったなぁ。
後悔した。
[PR]
# by melonpanch | 2004-12-25 10:41 | ■大葉 李月■

ある教師

田中太郎。
ものすごく平凡な人間。
5人兄弟の長男。
情熱を持って生徒に接しているが
この学校では空回りしている。

この人は平凡だがすごく珍しい。
なぜ珍しいかというと、
あのブラックに恋をしていること。
クリスマスなのでデートに誘ってみようかと思い、
職員室のブラックの机の近くで
待ち伏せしている。

まだかな・・・。あっ。来た!!

「あら、田中先生。何か?」
相変わらず冷たい声。

『えええええっと。。。。あの・・・・ですね、、、、
今夜・・・・・えと・・・・・・・あーーーのーーー』

こんな様子でだんだんイライラしてくるブラック。

「なんですか!?はっきりしてください!!」

ついに勇気を出して言った。
『今夜お食事いかがですか!!!???』

言った・・・・言ってしまった・・・・。

「食事!?申し訳ないですが今日は家庭訪問が4件入ってます
まったく、藍田チロとビタミンと崎野りくは授業をさぼるし!!
奏は不登校になってるし・・・・ふんっ(鼻息」

『そそそっそっそそそそうですか。頑張ってください』

断られてしまった。断られてしまった。
よろめきながら職員室を出て屋上に向かった。
生徒が癒してくれるだろう・・・・・。
[PR]
# by melonpanch | 2004-12-24 20:44 | ■田中 太郎■

笑顔の理由。

屋上から階段を下りる途中、廊下を歩いていた2人の女子生徒が
クスクス笑いながらチラ見してくる。
こんなんは、イツモのコトで。
僕はにこにこ笑顔を貼り付けたまま、素通りする。

笑顔の理由。
もう二度と孤独になりたくないから。
そんなつまらない理由。
本当の"僕自身"を知ったら、みんな驚くだろ?
「そんなのチロらしくない」
「チロは笑ってなきゃチロじゃない」
嬉しいから笑うのか、逃げるために笑うのか。

未熟な僕には、未だ、わからない。

しんと静まり返った廊下には、ブラックの金切り声が響いている。
彼女の心の奥底に眠る暗い影が、たまにチラリと顔をのぞかせる。
その度に、僕は全身に電気が走ったかのように鳥肌がたつ。
他人の傷を知ることの恐怖心。

「おい、藍田」

聞き覚えのない大声で呼ばれ、顔を上げる。
と、そこには校内でも名の知れた全日制の問題児...
名前は忘れたけど、マッチョの男子生徒が仁王立ちしていた。

「お前、そのパツキンがムカつくんだよ」

マッチョが言う。

「そう…じゃぁ君のパツキンもむかつくなぁ、僕は」

皮肉な笑いを浮かべて言い返す。

「てめ、ナメてんのか?」
「君なんかバッチィもんナメちゃったら入院どころじゃねえなぁ、アハッ」
「ぶっころすぞ、テメッ!」

そう叫びながら青筋を浮かべたマッチョが走り出す。
すべてがスローモーションで動いている。
瞬間的に膝を曲げてしゃがむ。
すると、マッチョの拳は素晴らしく見当違いの空を斬る。
代わりに立ち上がる勢いに任せてマッチョの鳩尾に頭突きを食らわせる。
マッチョはあっさり鈍いうめき声を出しながら、どさりと倒れた。

「ご臨終サン♪」

最後に後頭部へ踵落としを食らわせ、僕はのんびり歩いて購買部へ向かう。
[PR]
# by melonpanch | 2004-12-23 01:11 | ■藍田 チロ■



5人6脚 リレー小説。
by melonpanch
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧